注目の記事 PICK UP!

愛しのiPhoneが雨に濡れたら・・・

まず初めに

まず軽く水を拭き、タオルに包んで必ず電源を切りましょう

雨天時のケア

水没被害は減少傾向にありますが、雨天時のケアは、見逃しがちです。チリも積もれば山となる。たがが雨でも放置すると水没と同じ扱いになります。そして、テッシュペーパーでイヤホンジャック周りとライトニングケーブルジャック周りの水分を取り除きます。

液体侵入インジケーター
各ジャックには液体侵入インジケーターがあります。ここに水分が付着すると、水濡れマーカーが赤になり、例え乾いても元に戻らなくなります。

そして水濡れメーカーが赤になると、アップルケアの保証の対象外になります。

NG行為

ドライヤーで乾かす。

急激に熱すると、高温で故障する可能性がある。

iPHONEを振る。

振ると内部に水が浸透し、故障する原因になる。

APPLE CARE

公式サイト

関連記事

  1. 完全削除、アプリケーションをアンインストール (削除) する方法

  2. プリンターなどのハード機器は使えますか⁉︎

  3. あまり知られていないMacBookの隠し技

  4. iPhoneだけでは勿体ない

  5. ADOBEはクロスプラットフォーム

  6. Mac購入時の不安を解消

  7. 良質なBlog記事を書くために、Mac でスクリーンショットを撮る方法

  8. デザリング契約

  9. MacBook Pro

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

  1. 4位

    iMac
  2. 5位

    iPhone7
  3. 7位

    MacBook
PAGE TOP